2012年06月06日

キレイに健康になろう



美容にも健康にも効果のある飲料は豆乳がオススメです。私も毎日飲んでいます。豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンの動きを活発、安定化させお肌がキレイになったりとなかなか素晴らしい効果があります。健康への効果は、腸の働きを安定化させ、内臓をキレイにするみたいですよ。スーパーにいけば比較的安価で手に入るので、一度試してみてください。豆乳を選ぶ際は無添加や、余計なものが入っていないほうが効果が高いみたいです。
posted by 支部長 at 18:53| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

糖の健康効果

甘いものを食べると、ほっとしませんか?するでしょう?

実は、甘い物にはストレス解消の効果があるのです。


人類は、「甘いものは良いぃ・・・」という、
古からの記憶によって、糖を摂取すると、
快感中枢を激しく刺激され、
脳内でエンドルフィンが活発に分泌されます。

エンドルフィンとは、人の心を寛がせ、
さらには、病気への抵抗力を向上させる、驚きのホルモンなのです。

他にも様々なホルモンが分泌され、
肌の色を良いものへと変化させ、
体の調子を改善します。

その結果、感情がとても豊かになします。

したがって、子供の情操教育には甘い物は重要なのです。
posted by 支部長 at 19:43| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

脳卒中・脳梗塞の予防10ヶ条

長い間、日本人の死因第一位は脳卒中でした。

近年は、治療法が進歩したことから
脳出血による死亡者数は減少しているのですが、
脳梗塞による死亡者は、増加傾向にあるようです。

また、脳梗塞は、入院原因の二位を占め
治療を受けている人の割合も高いです。

脳梗塞は、治療するための薬や技術が格段に進歩していますが、
脳梗塞になると、高い確率で後遺症が残るため、
予防するに越したことはありません。

脳梗塞などの脳卒中を予防方法は、
生活習慣病を防ぐことほぼ同様です。

以下に、日本脳卒中協会が作成した
『脳卒中予防10ヶ条』を紹介します。

@.手始めに、高血圧の治療をしましょう
A.不整脈は、見つかり次第すぐ受診
B.糖尿病放っておいたら悔い残る
C.タバコを止める意志を持て
D.アルコールは控えれば薬 過ぎれば毒
E.高すぎるコレステロールを見逃さない
F.脂肪・塩分を控えめに
G.体力に合った運動続けましょう
H.太りすぎは、万病の引き金
I.脳卒中が起きたらすぐに病院へ

どれも、どこかで見たことあるような内容ですが、
ここに書いてあることは、それだけ大事なことなので、
一度、自分の生活習慣をチェックしてみてはいかがでしょうか。
posted by 支部長 at 19:38| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

サプリメントで頭痛対策

今回は、頭痛対策に効果のあるサプリメントと
頭痛を抑える対策を紹介します。

【頭痛に効くサプリメント】

・γリノレン酸
・コンドロイチン
・マグネシウム
・ニンニクエキス
・高麗ニンジン

現在、慢性的頭痛の治療薬は
ないに等しいと言われています。

が、サプリメントで対策を試みるとするならば、
痛みに有効なγリノレン酸、コンドロイチン、
血流を良くすると言われているニンニクエキスが有効です。

また片頭痛の原因は、マグネシウムの不足が関係していると言う説もあります。

片頭痛発生の予防策として、日頃から、
サプリメントでマグネシウムを摂取したり
マグネシウムを多く含む食品を摂取すると良いでしょう。

さらに、自律神経を整える効果のある高麗ニンジンなどで、
慢性的頭痛の要因となるストレスや疲労を取り除いていく方法も
有効だと考えられています。


【頭痛を抑える対策】

緊張性頭痛(筋収縮性頭痛)、慢性的頭痛(血管性頭痛)を
生活習慣の改善等、頭痛対策に有効とされる対策を紹介します。

・緊張性頭痛(筋収縮性頭痛)
長時間座ることが多い人は、小まめに背筋を伸ばすなどをして
気分転換をはかり、適宜筋肉をほぐすことが有効です。

また、ゆっくり、ぬるめのお風呂に入ったり、首や肩をマッサージ、
蒸しタオルで痛い部位を温める等が有効です。

日頃から、ストレッチやウォーキングなどの
軽い運動を行うようにすると、さらに効果的だと言えます。


・慢性的頭痛(血管性頭痛)
こまめに気分転換をはかり、
ストレスや過労を溜めないようにすることが大切です。

睡眠のとり過ぎ、睡眠不足も片頭痛が起こりやすくなる要因なので
規則正しい生活を心がけましょう。
posted by 支部長 at 19:57| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

起きてすぐの歯磨きで病気の予防

朝起きて、最初にする事は何ですか?

朝食を食べる、新聞を読む、カーテンを開ける、すぐに出勤する?

健康に気を使うなら、朝食を食べて欲しいところですが、
朝食よりも先にして欲しいことがあります。

それは歯磨きです。

というのも、就寝時の口は副交感神経支配で、
唾液の分泌がほとんど無くなっています。

唾液の分泌は口腔内の殺菌・抗菌に必要なので、
唾液の分泌が無くなると、口腔内の細菌は爆発的に増えてしまうのです。

ちなみに、起床時の口腔内の細菌が出す酵素(タンパク分解酵素)量は、
ウンチ10gに相当するそうです。

朝、歯磨きをしないと、細菌を口腔内に残したままにしてしまうため、
病気になりやすい環境を作ってしまいます。

病気にならない健康な身体でいたいなら、朝起きたら必ず歯磨きをしましょう。
posted by 支部長 at 19:23| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。