2010年11月10日

呼吸で健康に西野流呼吸法

西野流呼吸法というのは、
西野皓三によって創始された健康法です。

その目的は、ミトコンドリアの働きを高めて、
一つ一つの細胞を活性化させることです。

この方法によって、身体知に目覚め、
生きることの気持ちよさを実感しながら、
快活に生活を送れるようにします。

西野流呼吸法は足芯呼吸を中心とする『基本』と、
基本で培ったエネルギーを利用して相手と
『エネルギー・コミュニケーション』を行い、
全身の細胞を活性化させる『対気』から成り立っています。

この方法は、足の裏から息を吸って、
エネルギーを全身にめぐらせた後、
ふたたび足の裏から息を吐くという呼吸法です。

これらの動作で大切なことは、
ゆるめることとねじることらしいです。

っとここまで書いておきながら、
私も細かいことまでは、分かりません(汗)

個人的には、少し怪しげな気がするのですが…

ちなみに、西野流呼吸法の実践者には、
女優の由美かおるさんがいます。
posted by 支部長 at 18:41| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

脳とストレスの関係

脳は過剰なストレスがかかると、
記憶を司る海馬が萎縮してしまいます。

これは、ベトナム戦争から帰還した兵士の脳を
MRIで検査した結果、明らかになったことです。

この、ベトナム戦争からの帰還兵の中から
記憶や意識に障害を持つものが現れ、
日常生活に支障をきたす人が続出しました。

戦場の最前線で活躍した兵士の中には、
本来の40%まで海馬が萎縮した人もいたそうです。

強いストレスがかかると、
身体はストレスホルモンのコルチゾルを大量に分泌します。

コルチゾルは、その働きで、
海馬の細胞と結合すると、細胞を死滅させてしまいます。

コルチゾルは、ストレスホルモンと呼ばれることもあり、
血液中だけでなく、唾液中にも、ごくではありますが含まれています。

このことを利用して、唾液内のコルチゾルを
計測して、人が受けているストレスの度合いを
計測する機会も開発されています。

その他の、ストレスと関係する脳内物質を挙げると…

・セロトニン
分泌されることで心が穏やかになり、平常心を得られます。
また、ストレスにも動じなくなります。

・ノルアドレナリン
分泌が増えると不安・ストレスが増し気持ちがネガティブになります。

・ドーパミン
分泌されると意欲が湧いてきます。
posted by 支部長 at 19:45| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

イチローの筋トレ理論

昔のイチロー選手は、ウェイトトレーニングで身体に筋肉をつけると、
パワーが上がり打球の飛距離が伸びると考えていたそうです。

また、ブルース・リーに憧れ、高校時代にはブルース・リーを
意識したウェイトトレーニングをしていたようです。

プロに入ってからも、筋肉トレーニングをしていたイチロー選手ですが、
ある時から「何かおかしいな」と感じるようになりました。

おかしと思ったのは「胸の筋肉」だったそうです。

胸の筋肉は鍛えると発達しやすく、
イチロー選手もトレーニングによって胸筋が大きくなっていました。

当時のイチロー選手は「胸が発達してくると見栄えがよくなり、
また胸のトレーニングをしたくなる」状態だったそうです。

しかし、胸の筋肉は、大きくなると可動範囲が狭くなったり、
動きが硬くなってしまうと感じるようになってきたのです。

違和感を感じながらも筋トレをしていたイチロー選手は、
それからも筋トレを続けたのですが、ある時
「なんてムダなことをしていたんだろう」と感じたらしいです。

それからは、自分の動ける範囲を決して狭めずに、
軟らかい筋肉を作るとことを意識するようになったとのことです。

スポーツ選手の中には、いわゆる筋肉モリモリの選手がいますが、
そうした、選手は意外と故障も多いと思うのは私だけでしょうか?

何かのスポーツをしている人は、
「その筋肉は本当に必要か?」と考えることが大切だと思います。

【PR】マッサージ 世田谷
   オイルマッサージ 渋谷
 
posted by 支部長 at 19:45| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

自分にあった靴で効率良い運動

効率のよい運動をしようと思ったら、
ちゃんとフィットした靴が欠かせません。

意外なことですが、普段トレーニングをしている方でも
靴選びは適当になっている方がいるので、
心当たりがある人は、靴選びのポイントを確認しましょう。

ということで、今回は靴を選ぶポイントを紹介します。

靴を選ぶ際は、まず大前提は

・必ず左右両方履いてみる

これは、絶対にハズせません。

足の大きさは、軸足が大きく、
利き足が小さめであることが多く左右で大きさが異なります。

たとえ、片方の足がピッタリの靴でも、
もう一方の足は違和感を感じることがあります。

・履いたら歩いて感触を確かめる

靴は履いたら、直立したまま、座ったまま、ということはありえません。

実際に歩いてみなければ分からないことがあるので、
自分で歩いて確かめることも重要です。

かかとが靴とこすれる、くるぶしに足が当たる
といったことをチェックしましょう。

靴を選ぶ時の具体的なチェックポイントは

・過度の圧迫感がない
・靴の内側に指先が当たらない
・歩行時に靴のふちが足に当たらない

といったところです。

念入りにチェックするなら靴下の存在も考慮に入れましょう。
posted by 支部長 at 20:16| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

毎日コーヒー飲んで健康的な生活

国立がんセンターの研究チームにより、毎日コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて肝がんになるリスクが半分になる、という調査結果が発表されました。

この研究は1990年から2000年の間、日本全国の40-69歳の男女約9万人を調査して出た結果です。

この研究は、喫煙などのリスクを考慮したうえで調査されました。

調査の結果、肝がんの発症率を10万人あたりで計算したところ、毎日飲む人は214.6人だったのに対し、飲まない人が547.2人だったそうです。

ちなみに、飲むコーヒーの量が多いとさらにリスクが減るそうです。

これは厚生労働省の調査で分かったことなのですが、一日三杯以上、コーヒーを飲む女性は、コーヒーを全く飲まない女性より結腸がんになるリスクが半分近く軽減されるらしいです。

ちなみに、男性はコーヒーを飲むことによる結腸がんリスクの低下は見られませんでした。

さらには、アメリカ・ボストンの病院と、カナダのブリティッシュコロンビア大学の共同研究で、コーヒーは痛風の原因になる尿酸値を低下させることが判明しています。

また、コーヒーには、運動前に飲むと脂肪燃焼が促進されるダイエット効果があります。

理由は、コーヒーのカフェインが、リパーゼという脂肪分解酵素の働きを活発するからです。

この効果は、運動の20〜30分前に飲むことで、作用を上手く生かすことが出来るので、ダイエットをしたい人は、意識して運動の20〜30分前にコーヒーを飲んでみましょう。

posted by 支部長 at 19:39| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。