2010年12月29日

羅漢果茶の効能で活性酸素を抑える

羅漢果というのは、中国華南地方の特産物で、
清朝時代から栽培されてきた、
ウリ科の多年草木のことです。

その効能は「万病に効く」とされています。

羅漢果茶は、たんぱく質に加えて、
ミネラル分のカリウム・リン・カルシウム・鉄分を、
豊富に含む健康茶です。

その効能は、健康維持は、
もちろん妊婦さんにも適した健康茶です。

また、羅漢果茶の効能には、体内にある、
フリーラジカル(活性酸素)を、抑えるする働きがあるため、
老化防止・ガン予防・アレルギー体質改善などに効果的です。

健康茶で、活性酸素を抑えたいという方にとって、
羅漢果茶は、オススメです。

また、羅漢果は砂糖の300倍の甘みを持ちます。

しかし、甘みはテルペングリコシド配合体に属しており、
体内に吸収されない性質を持っています。

その為、低カロリーの甘味料として、
活性酸素を抑えるだけでなく、
糖尿病患者によく使用されます。
タグ:健康茶
posted by 支部長 at 18:06| 健康茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。