2010年10月01日

洋ナシ型の体型「下半身太り」の対策

日本人の約25%は、洋ナシ型の体型が占めると言われています。

特に、女性の場合は、太ももやお尻に皮下脂肪がつきやすく、
『下半身太り』になりやすいので、洋ナシ型の体型の人が多いようです。

この『下半身太り』になりたくなければ、
ケーキのクリーム、肉や揚げ物、などの脂肪分を制限する必要があります。

普段の食生活で、野菜を多く食べ、脂肪分カットすることを意識しましょう。

また、脂肪分は筋肉で燃やすことが出来るので、
無酸素運動で筋肉をつけることにもチャレンジしてみましょう。

ウエイトを使った筋肉トレーニングや簡単なスクワットがオススメです。

女性は、全体的に筋肉をつけることを、嫌がる傾向がありますが、
一般のトレーニングでムキムキになる程、筋肉はつきません。

筋肉は不足すると、肥満が進行する原因にもなるので、
多少の筋力トレーニングは、ダイエットに必要なことだと覚えておいて下さい。
【関連する記事】
posted by 支部長 at 19:33| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。