2010年11月30日

どくだみ茶の効能

どくだみ茶は、十の薬効があることから、
十薬(じゅうやく) と呼ばれることもあります。

独特の薬臭い悪臭がする野草で、
家の陰や、樹間などの半日陰に群生しています。

花は、6月〜7月の梅雨の時期に咲かせます。

利尿・腫れ物・湿疹・蓄膿症などの症状に効果的です。

その他にも、生葉を揉んで、柔らかくし、
オデキに当てることで、吸出しの効果があります。

その生葉は、食用というよりも
「どくだみ茶」に加工して、
健康茶として使用されるのが一般的です。

また、ドクダミという、少し変わった名前は、
クダミの生の葉は、全草に特有の臭気がります。

その臭気のため「なにかの毒が入っているのでは?」と思われ、
ドクダメ(毒溜め)と呼ばれ、このドクダメが変化して、
現在の名称、ドクダミになったと言われています。

名前の由来はあまり颯爽ではありませんが、
薬草としての実力は、侮れないものがあります。

昔から万病に向く薬草とされ、「日本薬局方」にも、
記載されている程の薬草です。
posted by 支部長 at 18:51| 健康茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

健康茶について

健康茶は、薬ではありませんが、
毎日飲む事で、健康的な効能が期待できます。

緑茶や紅茶にも、効能があるので、
広い意味では健康茶に含まれるのですが、
一般的には、お茶の木を、原料としないものを、
健康茶としているようです。

健康茶は、飲み続けると、
体質や症状の改善が望めます。

現在では、健康ブームの影響もあって、
薬局や、スーパーなどで、
様々な種類の健康茶を、見られます。

その種類によっては、くせがあったり、
飲みにくいお茶も、存在しているので、
飲みなれてる番茶を少しまぜたり、
砂糖やハチミツを加えて飲みやすくする方法もあります。

注意点として、健康茶を飲む場合は、
きちんと、その効能を知った上で、飲むことです。

体質や、健康状態によっては、
せっかくの健康茶の効能が、逆効果になりかねません。

健康茶の成分や効能を理解して、
自分の体質や、体調、目的にあった健康茶を選びましょう。

【PR】
千代田区 マッサージ
マッサージ 渋谷
posted by 支部長 at 18:19| 健康茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

炭水化物ダイエットとは

炭水化物とは、お米や小麦など主食となる穀物に、
多く含まれている栄養素です。

炭水化物は、分解されると糖質になり、
エネルギーとして使用されます。

そのため、過剰に摂取すると、
使われない脂肪として蓄積されてしまうのです。

この部分を考慮して、炭水化物の摂取を抑え、
身体に、脂肪がつかないようにするのが、
低炭水化物ダイエットです。

そして炭水化物を、まったく摂取しない方法が、
脱炭水化物ダイエットと呼ばれます。

炭水化物ダイエットは、お米や、小麦の摂取を、
控えるのですが、単純に控えるのではなく、
これまで、白米を食べていたものを、玄米や分搗き米にしたり、
精白された小麦を使用したパンや、麺類を精白していない、
全粒粉を使ったパンや、麺類に変える方法もおすすめです。

炭水化物ダイエットは、糖分の吸収を緩やかにしたり、
カロリーを抑えたり、栄養度をアップしたりできるので、
やせるだけでなく、健康的にもなれる食事法です。
(糖尿病などにもなりにくくなります)

ただし、注意点として、急に食事を変えると、
場合によっては、便秘など身体に異常を招くこともあります。

なんで、食事法は、徐々に変えていくことをお勧めします。

また、脱炭水化物ダイエットは、体質や生活習慣にもよりますが、
一般的な人には、あまりおすすめされていません。

というのも、短期間で体重を落としたい時には効果がありますが、
その分身体のメンテナンスが必要で注意が必要になるからです。

女性の場合、体質によっては、月経が止まることもあります。

異変に気づいたらすぐに辞めましょう。
posted by 支部長 at 19:36| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

マスク装着のポイント

気温が下がるこの時期、
マスクを着用する人が、非常に多くなっています。

子供の中には、絵のついた使ったりしていて、
マスクの着用は、日本ではすでに普通のこととなっています。

最近では、新型インフルエンザの予防や、
せきエチケットとして、推奨されているマスクですが、
着け方のポイントを、おさないと効果は落ちてしまいます。

マスクを着ける時の、最大のポイントは、
マスクと顔の間に,すき間を出来ないようにすることです。

マスクの中には、不織布製で「花粉・ウイルスなどの除去率99%以上」
といった表現を、載せている製品もありますが、
すき間が出来ると、当然その性能は発揮されません。

すき間が出来ないように、マスクを着けるには

・マスク上部を鼻に当てる
・その後、下端をアゴにしっかりかける
・ヒモを耳にかけてマスクを固定する

という手順で付けると、すき間が出来にくくなります。

また、マスクのサイズが、
顔に合っているかどうかも大きなポイントです。

さっかくマスクを付けて予防していても、
付け方を間違うと、しっかりした予防は出来ません。

皆さんも一度、自分のマスクの付け方を、
見直してみてはいかがですか?

【PR】
港区 出張マッサージ
リンパマッサージ 世田谷
posted by 支部長 at 18:57| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

病気が原因のむくみ

足のむくみに悩まさている女性は多いと思います。

女性ばかりでなく、男性にもむくみは起こります。

特に長い時間立ち続けている人、
座り続けている人などは、むくみやすいと思います。

靴が窮屈に感じる、靴下のゴムのあとが残る、
指で押さえると、押さえた部分に、くぼみができる、
このような症状が出たら、それがむくみです。

これらの、症状は、入浴法や、
毎日のマッサージ等で解消できます。

問題は、病気が原因となる「むくみ」の方です。

例えば、しびれや痛みがあって、むくみが、いつまでも取れない、
こんな方は、早めに病院で診察してもらいましょう。

また、足のむくみを引き起こす病気は、
高血圧が関連しているケースもあります。

高血圧は進行すると、
動脈硬化を生んで、心不全になることもあります。

このようなケースでも、手や足が「むくむ」ことがあるようです。

むくみは、重大な病気のサインである可能性もあります。

もし解消しようと、色々試しているのに、
一向に効果が表れないという方がいたら、
一度病院で診察を受けた方が良いかもしれません。
posted by 支部長 at 19:21| 健康マメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。